読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukofebの日記

個人的な技術メモ。

アダルトVRエキスポ2016 レポート

2016/08/27(土)にアダルトVRエキスポ2016に行ってきました。
adult-vr.jp

続きを読む

PyCharmでvimを使う

最近VimからPyCharmに移行したんですが、
やっぱりVimキーバインドを使いたいので、PyCharmにVimを導入してみました。

まずPyCharmのPreferencesからPluginsをクリック。 f:id:yukofeb:20160414025947p:plain

次の画面でプラグインを検索できるので、「IdeaVim」で検索。 f:id:yukofeb:20160414030048p:plain

インストールボタンを押したら再起動。完了。
思ったより簡単だった!もっと早く入れておけばよかったー

ちなみに細かいキーバインド設定は「keymap」でできます。
やばい。これは使いやすい。 f:id:yukofeb:20160414033751p:plain

Amazon ECSを使ってHubotが動いているdockerコンテナをEC2へ自動デプロイする

最近dockerをよく使っているので、Amazon ECSも触ってみることにした。
せっかくなのでCircleCIも使って、githubにpushしたら自動でデプロイするように設定する。

続きを読む

pythonのコーディングを自動修正してくれるautopep8を導入する

pythonの開発環境を整備するのが最近の趣味です。

qiita.com

ペーストしたらインデントがずれてしまった時の対処法

vimあるあるネタをメモ。よくやらかします。
qiita.com

秘密情報ファイルをansibleでデプロイするためにVaultを使う

先日AnsibleでMacBook Airをセットアップしたが
秘密情報が描かれたファイルの扱いに迷ったので、調べてみた。

秘密情報が書かれたファイルについて

私の環境では色々と見られたくないもの(ちょっとしたパスワードなど)をガンガン.bashrcに書いているので、
ansibleでデプロイする際にどうすればいいのか少し迷った。
Ansibleに関するファイルは全てgithubにあげているから、
そのままアップロードするのはちょっとまずそう。
ということで、色々と調べていたらAnsibleの便利機能 "Vault" を見つけたので、試しに使ってみた。

Vaultとは?

パスワードや鍵などの秘密情報が書かれたファイルを暗号化、復号化できる機能。
これによってバージョン管理システムに安心してこれらのファイルをアップロードできる。
Ansible1.5から使えるようになった。
Ref. Vault — Ansible Documentation

とりあえずHelpを見てみる。

$ ansible-vault -h
Usage: ansible-vault [create|decrypt|edit|encrypt|rekey|view] [--help] [options] vaultfile.yml

Options:
  --ask-vault-pass      ask for vault password
  -h, --help            show this help message and exit
  --new-vault-password-file=NEW_VAULT_PASSWORD_FILE
                        new vault password file for rekey
  --output=OUTPUT_FILE  output file name for encrypt or decrypt; use - for
                        stdout
  --vault-password-file=VAULT_PASSWORD_FILE
                        vault password file
  -v, --verbose         verbose mode (-vvv for more, -vvvv to enable
                        connection debugging)
  --version             show program's version number and exit

シンプルで使いやすそう。

実際に使ってみる

ここからは、実際にbashrcを暗号化してデプロイしてみる。
暗号化するファイル形式はymlである必要があるらしい。
(試しにyml以外のファイルを暗号化してみたが、デプロイ時にうまく復号化できなかった。)
ということで、秘密にしたいファイルの内容を書き出す。
復号暗号化に使うパスワードも合わせて入力。

$ ansible-vault create secret.yml
Vault password:

暗号化前のファイルの中身はこんな感じ。
yml形式で書き出してある。

bashrc: |
  export PS1="\d \t \w$ "
  export LANG=en_US.UTF-8
...

そして暗号化後はこうなる。

$  cat secret.yml
$ANSIBLE_VAULT;1.1;AES256
39623765313732333464343138313530353533336661323139373832313333303830353661356565
6537376564616138653037376331336565393035666439370a636438643734313730613130613462
61623139643335663532326330383565343535333430323263393066633434376162316635363731
3763633235303431380a646162316337383861646536303530633563323537666162393536393033
35666261636563613266336264663530386134656531373566303132306135363033373062623730
...

ちなみに元のファイルを編集したい場合はeditすればOK。

$ ansible-vault edit secret.yml
Vault password:

次はこのファイルの中身を変数として取り込むためにplaybookを編集する。

$ cat playbooks/secret_files.yml
    - name: import secret file
      include_vars: "secret.yml"
      no_log: true

    - name: locate secret files
      copy:
        content: "{{ bashrc }}"
        dest: ~/.bashrc
        mode: 0655
      no_log: true

include_varsで先ほどの暗号化したファイルを指定する。
暗号化前のsecret.ymlでは"bashrc"をkeyとして設定したが、
これをplaybook内で利用するには {{ }} で囲めば良い。
また、このままだとコンソールにパスワードが表示されてしまうので、
no_logオプションを指定して、ログに出さないようにする。

今回作ってみたコードはこちら。
yukofeb/AnsibleLocalProvisioning at 0c52471c934be93b3859cb5b5d436b64bbe84e86

ということで実行してみる。

$ brewi
No config file found; using defaults
Vault password:
1 plays in /Users/yukofeb/Work/github/AnsibleLocalProvisioning/playbook.yml

PLAY ***************************************************************************

...

TASK [import secret file] ******************************************************
ok: [localhost] => {"censored": "the output has been hidden due to the fact that 'no_log: true' was specified for this result"}

TASK [locate secret files] *****************************************************
ok: [localhost] => {"censored": "the output has been hidden due to the fact that 'no_log: true' was specified for this result"}

正常に実行でき、ログ出力も抑制されている。完璧!

参考資料

Ansible Vault File Handling

ブログシステムHugoを構築してGithub Pagesで運用する

ちょっとしたページを作成する必要があったので、Hugoで構築してみる。
HugoはGithub Pagesに構築できるらしいので、それも合わせて対応する。

作業環境

$ sw_vers
ProductName:    Mac OS X
ProductVersion: 10.11.3
BuildVersion:   15D21

インストール

hugoをbrewで入れる。
golangなど必要なパッケージも合わせてインストールされる。

$ cd ~
$ brew install hugo

確認

$ hugo version
Hugo Static Site Generator v0.15 BuildDate: 2015-11-26T01:29:07-05:00

プロジェクト作成

$ hugo new site (PJNAME)
$ ls (PJNAME)
archetypes  config.toml content     data        layouts     static

記事作成

記事をcreateすると、

$ hugo new test.md

contentディレクトリの下にファイルが作成される。

$ cat content/test.md
+++
date = "2016-02-24T12:32:35-05:00"
draft = true
title = "test"

+++

あとはMarkdownで書き加えていけばOK

テーマ設定

見た目をいじる。
Hugo Themes Siteを見て、良さそうなテーマを探す。
今回はagencyを使う。

ダウンロード

$ mkdir themes
$ git clone --depth 1 --recursive https://github.com/digitalcraftsman/hugo-agency-theme.git themes

試しにローカルで起動させてみる。

$ hugo server --watch -t agency
0 draft content
0 future content
0 pages created
0 paginator pages created
0 tags created
0 categories created
in 26 ms
Watching for changes in /Users/yukofeb/Work/github/MovingSaleAtlanta/{data,content,layouts,static,themes}
Serving pages from memory
Web Server is available at http://localhost:1313/MovingSaleAtAtlanta/ (bind address 127.0.0.1)
Press Ctrl+C to stop

GitHub Pagesに構築する

基本的にはHugo - Hosting on GitHub Pagesを順にやっていけばできる。

以下、簡単な説明。
* Github Pagesを作るにはgh-pagesブランチにpushすれば良い。
* hugoではブログ用に生成したファイルがroot配下のpublicフォルダに配置される
* subtreedコマンドを使って、サブディレクトリpublicとしてgh-pagesブランチを取り込む
* git subtree pushでgh-pagesブランチにpushすることでページを更新する

以下、上記ページを転記して少々加筆。

# Create a new orphand branch (no commit history) named gh-pages
git checkout --orphan gh-pages

# Unstage all files
git rm --cached $(git ls-files)

# Grab one file from the master branch so we can make a commit
git checkout master README.md

# Add and commit that file
git add .
git commit -m "INIT: initial commit on gh-pages branch"

# Push to remote gh-pages branch
git push origin gh-pages

# Return to master branch
git checkout master

# Remove the public folder to make room for the gh-pages subtree
rm -rf public

# Add the gh-pages branch of the repository. It will look like a folder named public
git subtree add --prefix=public git@github.com:yukofeb/MovingSaleAtAtlanta.git(自分のレポジトリに書き換える) gh-pages --squash

# Pull down the file we just committed. This helps avoid merge conflicts
git subtree pull --prefix=public git@github.com:yukofeb/MovingSaleAtAtlanta.git(自分のレポジトリに書き換える) gh-pages

# Run hugo. Generated site will be placed in public directory (or omit -t ThemeName if you're not using a theme)
hugo -t ThemeName


# Add everything
git add -A

# Commit and push to master
git commit -m "Updating site" && git push origin master

# Push the public subtree to the gh-pages branch
git subtree push --prefix=public git@github.com:yukofeb/MovingSaleAtAtlanta.git(自分のレポジトリに書き換える) gh-pages

これで今後は以下のフローだけでGithub Pagesが更新できるようになる。

# masterブランチを更新してpush
$ git commit -m "Updating site" && git push origin master

## gh-pagesにpushする
$ git subtree push --prefix=public git@github.com:yukofeb/MovingSaleAtAtlanta.git(自分のレポジトリに書き換える) gh-pages

完成ページはこちら。いい感じ!
Moving Sale at Atlanta